スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくの目線~キャシャーン編~

06-12,2009

ぼくの手違いなんですが、このブログはインダレスのホームページからはリンクされてません。


いつかリンクされることとは思いますが、

いったい何人が、

いったい誰が,

見てるのかわからない状況なので、今のうちに好き勝手書いちゃいます☆



今日は第1回ぼくの目線コーナー!!わー


ゲストは、浪速の毒トカゲこと吉田"キャシャーン"泰明くんについて。

キャシー

http://white.ap.teacup.com/yasuaki/


この人は、ぼくと同じく今年からインダレスで、普段は岐阜ベースで滑ってます。


メインスポンサーはノベンバーで、体が華奢だからキャシャーンらしいです。


高校の頃は体操部だったらしく、ぐにゃぐにゃしてて、舌が長いです。


あと企画力がゴイスーです。


初めて会ったのは、12月のインダレス忘年会ツアーの時。


思えばこの時からかもしれません。



苦手意識が芽生えたのはっ 笑


キャシャーン(キャシー)は大変後輩想いで(厳しい)、


ぬるい上下関係で育ってしまったぼくにとって、

非常にからみずら……

話しかけずらい人でした。


これは後の岐阜のイベントの時に、

キャシーの家に泊まり、

偶然にも!

かの有名な!

横田まおと君(プロ、キャシーの先輩)と呑んだ時に

何故!後輩に厳しいのか、うっすら判明したんですが、

キャシーは、

横田まおと君や、安藤(アンドゥ)正治君(天然ドSらしい)に、それはもう大変にかわいがられて何年もこの業界で滑って来たたらしいのです。


キャシー『アンドゥ君、今日一緒に滑っていいですか?』


アンドゥ君『なんでお前と?』



まあこんなドSな先輩が近くにいたら、

必然的にキャシーは後輩に厳しくなりますよね。



まあ野球部ノリですよね。



北島ヒカルも八幡平では、

”ご飯ジャーを洗った時に残った米粒で”3時間説教をくらったみたいなんで、北島君も苦手意識はあると思います。


ただ、生きてる限り上下関係はハッキリしておかないといけないときもありますし、

社会に出たらそれはもう先輩に逆らうなんて事はめったにあるもんじゃないでしょう。


北島君は、

『それでも私は感謝してる』

と言う置き手紙を残して、八幡平トリップを早々に切り上げて帰っていきました。


あの手紙には全米が泣きました。


そんな八幡平トリップで、私事でぼくは突然実家に帰らなきゃいけない事態に。。


帰郷後、テンパってるぼくにキャシーから電話が。


キャシー『ひろきはこんな形で離脱することになって残念やけど、今シーズンひろきと滑れて楽しかったで!来年は最後まで八幡平トリップしような!おつかれさん!』



こんな電話をもらったぼくは感動してしまい、キャシーを好きになりました。


ありがとうキャシー。


いや、キャシャーン。


いや、浪花の毒ヤモリ。。


違うか!



COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。